CHECK

別荘が欲しいけれど何かと心配?それなら建て方の基本ポイントなどを知っておこう!

定年退職後スローライフを実現したい、もしくは風光明媚で緑が豊かな景勝地でセカンドキャリアを構築したいと考えている人も多いでしょう。
それにはセカンドハウス、つまり別荘が必要であり購入を検討している人も少なくありません。
しかし一般家屋と違い特殊であるために建て方など基本知識を知りたいという人も多いでしょう。
当サイトでは建築の基本やポイントをご紹介して行きます。
少しでも皆様のセカンドライフのお役に立てると幸いです。

別荘が欲しいけれど何かと心配?それなら建て方の基本ポイントなどを知っておこう!

別荘とは一般の家屋とは大きく異なることがあります。
それは傾斜地やオーシャンフロントなど、特殊な立地に建築することが多いという点です。
そのため建て方のポイントは基礎工事をしっかりしなければならないのです。
それゆえ土地の測量や地盤調査はしっかり行ったうえで、建築をスタートさせないといけないんです。
また傾斜地での風景はどのようなものか、それを調査するのにドローン調査費などもかかってきます。
そして別荘では豪雪地帯や海の塩害などで劣化も激しいので、特殊素材を用いて建築したり耐震性を高めるために2×4工法で建設するなどの対策を講じなければなりません。

別荘を建てるには事前に希望や条件を整理すべし!

専門家であっても、何もないところから新しく作る事は難しいといえます。
例えば住宅の建築する場合や別荘の建築をする場合でも、必ずそこに顧客の要望が入るはずです。
完全に設計士にお任せしますと言う例もあるかもしれませんが、この場合には設計士の欲望が丸出しになる可能性があるでしょう。
それでも我慢できる場合は良いですが、我慢できない場合もあるわけです。
例えば開放感あふれる住宅を建築したいと考えている設計士は、お任せにされると窓ガラスばかりの住宅になってしまい外から覗かれてしまう可能性もあります。
この場、別荘を建てるにはやはり事前の計画等が必要になります。
ある程度要望を自分でまとめておいた方が良いかもしれません。
予防だけでなく、建築するときの条件等がいくつかあるはずです。
例えるなら駐車場は二台分ほしいといった条件や南側には大きな窓をつけてほしいといった条件になります。
これらは断片的に設計士に伝えるのではなく人に伝えられるように整理しておく必要があるわけです。

そもそも別荘を建てる目的は何?別荘の立地選びはまず目的を考える!

別荘の購入を考える上で重要な立地選びは、購入後にどのように利用していきたいかという目的をよく考えて決めることが大切です。
例えば、マリンスポーツやスキーなどの明確なレジャー目的などがある場合には、おのずと施設やエリアが絞られるため迷うことはないでしょう。
また、別荘を資産として運用したい目的であれば、人気の観光地であったり、アクセスのよい好立地であることなどの立地条件のほかに、温泉施設があったり、景観が良かったりという付加価値があると、資産価値が下がるリスクが少なくなります。
純粋に別荘での生活を楽しみたい場合であっても、買い物や観光に便利な場所でアクティブに過ごしたいのか、人のいない大自然の中で静かに過ごしたいのかという目的によっても立地選びは変わってきます。
別荘を購入する際の立地については、あれもこれもと欲張らずに目的の優先順位をはっきりとさせて、あとから後悔することのないよう慎重に選ぶようにしましょう。

そのエリアは静か?お買い物に便利?別荘の立地選びではエリア環境を見極めよう!

別荘を選ぶときには、エリア環境の確認を行っておきましょう。
たとえば、穏やかに過ごしたい方は、静かなエリアである必要があります。
静かなエリアであれば、心穏やかに過ごすことができますし、何事にも心を乱される心配がありません。
いつでも快適に過ごせるようになるでしょう。
また、別荘で快適に過ごすためには買い物しやすい場所を選ぶ必要があります。
スーパーなどからあまりにも遠い場所に存在していると、買い出しに行くのが大変になってしまいます。
出かけるのが面倒になってしまい生活を送ることが困難になりがちですし、車を持っていないと買い物に行くことができません。
近くにスーパーや商店街が存在していれば、車を利用することなく徒歩や自転車で出かけることができとても便利です。
別荘を利用する予定がある人は、エリア環境を事前にチェックしておくとよいです。
そうすることで、快適に暮らしやすくなってきますし後から困ってしまうことがありません。

別荘まではクルマ?それとも電車?アクセス条件もしっかり調べよう!

自然環境に恵まれた環境で長期休暇を過ごしたいときには、大都市から離れた場所で別荘を購入する方法があります。
しかし週末に仕事を忘れて息抜きをする場合でも、アクセスを重視して物件を選ぶ必要もあります。
普段レジャーに行くときのアクセスを考えると、休暇を過ごすのに最適な別荘のタイプも明らかになります。
特に自家用車を運転するのが面倒であったり交通渋滞を避けたいときには、アクセス条件として鉄道が利用しやすい点にこだわるべきです。
リゾート物件に強い不動産会社を活用すると、最寄駅から比較的近い場所の別荘を紹介してもらえます。
一方で自宅からダイレクトに別荘まで行きたい人は、高速道路が充実している点にこだわっています。
マイカーを使うと鉄道の乗り換えも不要になるので、時間を有効に利用しながら移動することが可能です。
更にゴルフの道具なども積み込むことができるので、マイカーを使ったアクセスにも便利な物件を選ぶメリットは大きいです。

に関する情報サイト
別荘の購入前に押さえておきたいポイント

定年退職後スローライフを実現したい、もしくは風光明媚で緑が豊かな景勝地でセカンドキャリアを構築したいと考えている人も多いでしょう。それにはセカンドハウス、つまり別荘が必要であり購入を検討している人も少なくありません。しかし一般家屋と違い特殊であるために建て方など基本知識を知りたいという人も多いでしょう。当サイトでは建築の基本やポイントをご紹介して行きます。少しでも皆様のセカンドライフのお役に立てると幸いです。

Search